レンタルオフィスを借りて起業する際のポイント

おすすめのレンタルオフィス

リージャス「月額利用料50%OFF」キャンペーン

全国170拠点のレンタルオフィス・コワーキングスペース!
業界最大手のリージャスだから、主要沿線やハイグレードビルにレンタルオフィスを多数ご用意。期間限定で月額利用料を50%OFFに!

詳細はこちら

様々な働き方が見られる中、レンタルオフィスを借りて起業する方も一定数います。特にリモートワークが各企業で行われ始めるようになって以来、当該オフィスのようなフレキシブルスペースが注目されるようになりました。

では、実際にレンタルオフィスを利用した起業にはどのようなメリットがあるのでしょうか。注意点や重視すべきポイント等も含めて解説していきましょう。

この記事の運営者

HubSpaces(ハブスペ)は、レンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペース検索ポータルサイトを運営しております。オフィス運営者にお話を聞いたり、料金、評判、口コミをお客様に聞いております。レンタルオフィスについてはお任せください!

レンタルオフィス検索サイトはこちら

レンタルオフィスを借りて起業するメリット3つ

レンタルオフィスを借りて起業するにあたって、まずはメリットを一通り押さえておくことが大切です。全体を通して、利便性の高さが大きな長所として挙げられます。賃貸オフィスの場合は、借りるだけでも費用や時間を十分に確保しなければなりません。事業のスタートが遅れることもあり、起業する方にとっては大きな負担がかかる可能性もあります。

一方で、集中できる環境や仕事に使う設備との関係上で、カフェ等の施設は利用したくないケースもあるでしょう。レンタルオフィスならではの強みを3つに分けて紹介します。

1.初期費用を抑えられる

レンタルオフィスのメリットに挙げられるのが、初期費用の抑制です。通常の賃貸オフィスであれば、敷金や礼金のみでも莫大な金額が発生します。あらかじめ金額を用意できる場合は良いものの、素早く決断して起業した方は所持金を多く持ち合わせていない場合も少なくありません。初期費用を抑える点では、レンタルオフィスの契約がおすすめです。

初期費用と一口に言っても、レンタルオフィスによってその種類は多種多様ですが、契約時に殆ど費用がかからないレンタルオフィスも存在します。敷金や礼金にかかる料金は、原則として発生しないところが大半です。賃貸オフィスの初期費用と比べると、レンタルオフィスは大幅に初期費用を節約できます。

2.会議室や個室等と様々な部屋を利用できる

レンタルオフィスには単純な作業スペースだけではなく、会議室や個室等といった様々な用途に合った部屋が借りられます。必要な道具があらかじめ用意されている点も、オフィス選びにあたって注目すべき点です。わざわざ自らがテーブルや椅子、ブース等を設置する必要がありません。余分な費用をかけることなく、会議や個別の作業に集中できます。

特に会議室は、顧客を招いて打ち合わせする際にも用意しておきたい一室です。レンタルオフィスの場合は、会議室の利用料が基本的に低価で、レンタルオフィスによっては無料で貸し出ししているところもあります。他企業との良い関係性を築いていくためにも、環境面で優れた会議室があるオフィスを選ぶと良いでしょう。

3.受付サービス等のサポートが便利

レンタルオフィスを提供している各企業は、単純にスペースを貸し出しているだけではなく、ワーカーの仕事をサポートする様々なサービスも行っています。その中でも、一般的に利用されている制度が受付サービスです。仕事をしていく中で、他の業者と文書や物品等のやり取りをするケースもあるでしょう。しかし、仕事に追われていると郵便物の管理が手に負えなくなることもあります。

それを支えていく制度が、受付サービスです。レンタルオフィスの受付を担当している職員が、届いた郵便物を各ワーカーに行き渡るよう仕分けをします。レンタルオフィス側が厳重に保管するため、わざわざ仕事を中断してまで取りに行く必要もありません。ワーカーが仕事に集中できる環境をスタッフが全力でサポートしてくれます。

レンタルオフィスを借りて起業する際の注意点3つ

上記で説明した通り、レンタルオフィスを借りた起業は非常に便利です。ただし、メリットの部分だけではなく、注意点にもしっかりと目を向けていかなければなりません。長所と短所を客観的に見比べて、初めてトラブル無くオフィスを利用できるようになります。

特に、自らの事業のみならず、契約を結んでいるオフィスの運営会社やスペースをシェアしている他企業にも配慮することがポイントです。レンタルオフィスを借りた起業に関する注意点を3つに分類して紹介しましょう。

1.自由自在にリフォームできない

レンタルオフィスは、あらかじめスペースの構造が定められています。部屋の広さの変更はもちろんのこと、パソコンや電話に用いる回線も原則は変更できません。自由自在なリフォームが認められていない点は、仕事を進めていく上でも覚えておいた方が良いでしょう。

事業を営むにあたって、働き方に大きな変更が生じるケースもあるはずです。状況によっては、オフィスの在り方も変えていく必要性が生じます。もし、オフィスの内装面で希望があれば、とりあえずオーナーに確認することが最善です。その際には、条件の成就に期待を持たない方が望ましいでしょう。リフォームが不可能で現状のオフィスでは作業が非効率な時は、別の運営会社との契約を視野に入れておくべきです。

2.運営会社の経営状況も確認が必要

レンタルオフィスは、あくまでスペースを借りている状態になります。自らが建築したオフィスではありません。つまり、レンタルオフィスを提供している会社の経営状況が、自身の事業にも多大なる影響を及ぼすのです。目の前の仕事だけに集中してしまいがちですが、運営会社の業績も定期的に確認しましょう。

万が一、レンタルオフィスの運営会社が倒産したら、現在使っているスペースも明け渡す義務が生じます。撤退した後に新たな拠点を一から探さなくてはなりません。確かに倒産する時期を正確に読み取るのは困難ですが、ある程度の予防策を講じることはできます。運営会社の経営状況に飲み込まれないためにも、しっかりと調査して信頼の置ける会社と契約を結びましょう。

3.オフィスを共有している他企業への配慮に注意

レンタルオフィスは、他企業と共用して作業するスペースも存在します。自身の仕事に集中する分には構いませんが、周りのワーカーの仕事に支障をきたさないよう注意が必要です。業務によっては、リモートで他者とのやり取りが生じることもあるでしょう。共有しているスペースでは、音量調節や時間帯の調整が当然ながら求められます。

加えて、他企業と共有してオフィスを使う中で、付き合い等もあるかもしれません。利用している方々とコミュニケーションを取る機会があれば、積極的にやり取りすることを推奨します。他の利用者との関係性が悪化すると、今後の業務における弊害にもなるでしょう。ルールやマナー、社会人としての人間関係に気を付けましょう。

レンタルオフィスを利用した起業で成功するコツ

これまでは、レンタルオフィスの特徴と注意点の双方を見てきました。これらのポイントを踏まえて、当該オフィスを利用した起業を成功させるコツをまとめていきます。レンタルオフィスを使った業務は、通常の仕事とは環境が一味違うでしょう。

事業を成功に導くためには、状況に応じて働き方を工夫しなければなりません。働きやすいレンタルオフィスを選ぶためには、大きく2つのポイントを重視することが大切です。具体的に解説していきましょう。

利便性の高いオフィスを優先的に検討する

レンタルオフィスを契約するにあたって、まず欠かせない要素が利便性です。付帯サービスやスペースの種類に着目し、働きやすい環境が得られるオフィスを選びましょう。そのためには、いくつか候補を探し出して入念に比較することが欠かせません。

単純なサービスやオフィスの質だけではなく費用対効果に着目すると、より良い情報を取得できます。その第一歩として、レンタルオフィスの事業を提供している会社の調査をすると良いでしょう。

顧客を招待しやすいオフィスを選ぶ

起業における成功の鍵を握るポイントが、顧客との良好な関係性です。実際にオフィスへ招いて、仕事に関する契約を結ぶケースはビジネスの世界にたくさん存在します。気兼ねなく招待できるような状態にするためにも、おしゃれで居心地の良いレンタルオフィスを借りましょう。

顧客がまた訪れたいと感じたら、その後の対応もスムーズに進む可能性が出てきます。オフィスを借りる契約を結ぶ際には、事前に内見を行って環境も併せて確認することが重要です。

まとめ

レンタルオフィスを利用した起業は、初期費用の節約やサポートの充実性においてメリットを持ちます。一方で、運営会社の経営状況に左右されたり、リフォームが基本的に不自由だったりする要素が注意点です。

このように、オフィス選びのコツをしっかりと押さえておかなければなりません。各特徴を把握していきながら、レンタルオフィスを利用した起業を成功させましょう。

HubSpaces(ハブスペ)は、レンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペース検索ポータルサイトを運営しております。レンタルオフィスの検索の際はぜひご活用ください!

レンタルオフィス検索サイトはこちら

レンタルオフィスの無料相談はこちらからお問い合わせ

 

レンタルオフィス最大手のリージャス!全国170拠点すべてのラウンジ利用可能。期間限定キャンペーン中