個室のレンタルオフィスのメリットとは?おすすめの個室レンタルオフィスも紹介

テレワークでの働き方が普及し、会社に出社しなくてもいい時代になってきました。しかし、誰もが自宅に仕事ができる環境があるとは限りません。家には家族がいたり、適した部屋がなかったりしてお悩みの方もいるでしょう。

そんな方には、個室のレンタルオフィスがおすすめです。本記事では、個室が充実しているレンタルオフィスについて紹介します。

この記事の運営者

HubSpaces(ハブスペ)は、レンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペース検索ポータルサイトを運営しております。オフィス運営者にお話を聞いたり、料金、評判、口コミをお客様に聞いております。レンタルオフィスについてはお任せください!

レンタルオフィス検索サイトはこちら

個室タイプのレンタルオフィスのメリット

そもそも、個室タイプのレンタルオフィスはオープンタイプのレンタルオフィスに比べて値段設定が高いことがほとんどです。では、個室タイプのレンタルオフィスにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

機密情報も安心して取り扱える

個室タイプであれば社外の人の目を気にする必要がないため、会社の機密情報なども安心して取り扱えるといえます。テレワークが普及して以来、オープンスペースやカフェで仕事をすることにより、会社の機密情報や個人情報が洩れる危険性が懸念されていました。パソコンの画面をのぞき込まれたり、電話の内容を聞かれたりすることで情報漏洩につながる可能性が大いにあります。

その点、個室タイプのレンタルオフィスであればその心配は要りません。個室なので当然、外部の人が後ろを通ったり話を聞いたりすることはないため、自社にいるような感覚で仕事を進められます。

オープンオフィスと違い自分の席が確保されている

レンタルオフィスの会社にもよりますが、一般的に個室タイプのレンタルオフィスは月単位で契約する方法が多くなっています。オープンスペースを使用する場合やカフェで仕事をする場合、いざ仕事をしようと思い出向いたところ満席だったりお気に入りの席が埋まっていたりすることもあるでしょう。そうなると他の所へ移動しなければならず、なかなか仕事を始められません。

オープンスペースの場合は席の確保ができないことも多いため、このような悩みはどうしても付きまといます。しかし、個室であれば自分専用の部屋が確保されているためその心配はありません。鍵付きキャビネットなどの設備が完備されていることも多いため、自分の荷物を毎回運ぶ必要もありません。

仕事で使うパソコンを持ち歩くのは、紛失や破損の恐れが付きまとうためできるだけ避けたいところです。こういった点からも、個室のレンタルオフィスは高い支持を得ています。

人目を気にせず集中できる

自宅やカフェ、レンタルオフィスのオープンスペースで仕事をする場合、周りの人が気になり集中しきれないという人も多くいます。確かに、仕事中に隣の席の人が何度も立ったり、お客さんが入れ替わったりすると気が散るでしょう。

自宅だと夕方には子供の声やテレビの音が聞こえてくることも。レンタルオフィスの個室スペースであれば、そのようなことは気にせず仕事に集中でき、仕事の効率も上がります。

人気の大手レンタルオフィス5選の特徴をご紹介

では、実際にどのようなレンタルオフィスがあるのでしょうか。現在さまざまな企業がレンタルオフィスを展開していますが、それぞれに特徴があります。人気の秘訣や、サービスの特徴を交えながら、おすすめの大手レンタルオフィスを5選紹介させていただきます。

1.アントレサロン

東京を中心にレンタルオフィスを展開する「アントレサロン」。個室以外にも、バーチャルオフィスやフリーデスクなどの契約が可能で、1万社を超える契約を誇る大手レンタルオフィスです(2021年10月現在)。

個室プランでは、鍵付きの個室で1~4名用の部屋があります。月額5万円から利用可能で、空きがあれば契約したその日から初期費用0円で仕事が始められます。

初期費用

0円

利用料金

月額5万5,000円(税込)~

光熱費・インターネット代

月額料金に含む

複合機サービス

別途有料

個室対応人数

1~4名

基本設備

事務机・椅子・コンセント・Wi-Fi・複合機など(キャビネットのある個室もあり)

場所

銀座・東京・赤坂・渋谷・池袋・横浜・桜木町・川崎・大宮

その他サービ

・全14店舗の仕事用フリーデスク利用可能
・商談用オープンラウンジの利用可能

※2021年10月時点

アントレサロンの詳細はこちらから

2.ライズオフィス

都内での月額料金最安値を謳っている「ライズオフィス」。好立地でありながら、格安料金で利用が可能なことから人気を集めています。これから起業する人にも嬉しい「税理士・弁護士・社労士への助成金などの無料相談」や「紹介サービス」も行っています。

個人のテレワークの場所としてレンタルオフィスを探している人から、起業する人まで、幅広く対応しているレンタルオフィスです。

初期費用

要問合せ(無料キャンペーン期間あり)

利用料金

月額2万5,300円(税込)~

光熱費・インターネット代

月額料金に含む

複合機サービス

無料

個室対応人数

1~3名

基本設備

事務机・椅子・Wi-Fi・複合機など

場所

赤坂・青山・麻布十番

その他サービス

・法人登記可能
・郵便物・宅配便の受け取り可能

※2021年10月時点

ライズオフィスの詳細はこちらから

3.WeWork(ウィーワーク)

オシャレなオフィスで、月単位・人数単位で契約できるのがうれしい「WeWork(ウィーワーク)」のレンタルオフィス。本社や支社としてレンタルオフィスを利用する人が多いイメージのWeWorkですが、個人でも個室のレンタルオフィスの利用が可能です。

1名~数百名規模まで対応可能で、レイアウト変更なども柔軟に対応してくれるため、事業拡大やエリアごとにテレワークをするといったプランなどにも対応できます。

初期費用

要問合せ

利用料金

プラン・人数などによる

光熱費・インターネット代

月額料金に含む

複合機サービス

別途有料

個室対応人数

1~数百名

基本設備

事務机・椅子・Wi-Fi・複合機など

場所

東京・大阪・横浜・仙台・名古屋・神戸・福岡 全国7都市34拠点

その他サービス

・電話用の集中ブースあり
・フリードリンク(コーヒー・紅茶・お茶・ビール)
・パントリーやウェルネスルームなどもあり
※プランによりほかにもサービスあり

※2021年10月時点

WeWork(ウィーワーク)の詳細はこちらから

4.BIZ SMART(ビズスマート)

「BIZ SMART(ビズスマート)」は、東京を中心に積水ハウスグループが手掛けるシェアオフィスです。高級感のある空間で魅力的なコワーキングスペースが有名ですが、こちらもプランの一つに個室のレンタルオフィスがあります。

24時間365日使用可能で、個別空調なのもうれしいところ。ルームクリーニングサービスなども充実しており、快適さに重点を置いたレンタルオフィスです。オプション契約すれば、事務代行や弁護士・司法書士などの専門家サポートも受けられます。

初期費用

要問合せ

利用料金

プランによる

光熱費・インターネット代

月額料金に含む

複合機サービス

別途有料

個室対応人数

1~複数名

基本設備

事務机・椅子・Wi-Fi・複合機など

場所

青山・神田富山町・神田・茅場町・代々木

その他サービス

・フリードリンク
・ルームクリーニング
・個別空調

※2021年10月時点

BIZ SMART(ビズスマート)の詳細はこちらから

5.リージャス

ハイグレードなビル施設にあり、国内最多の170拠点以上を持つ「リージャス」。コワーキングスペースやバーチャルオフィスなども展開しており、多様な利用が可能です。リージャスの一番の強みは、拠点数が多いこと。全国に拠点を構えており、それぞれの場所でテレワークのための個室のレンタルオフィスサービスなどを提供しています。

個室レンタルオフィスは、拠点にもよりますが1~100名超まで個室利用可能。敷金・礼金も不要なので、初期費用を抑えられます。契約期間や個室の数、レイアウトなども柔軟に対応し、個人利用から会社単位で利用が可能です。

初期費用

敷金・礼金0円

利用料金

プランによる

光熱費・インターネット代

月額料金に含む

複合機サービス

別途有料

個室対応人数

1~100名超も可

基本設備

事務机・椅子・Wi-Fi・複合機など

場所

東京・大阪・名古屋ほか全国に170拠点

その他サービス

・フリードリンク
・世界3,000拠点、国内140拠点以上のリージャスビジネスラウンジが利用可能
・毎日清掃

※2021年10月時点

リージャスの詳細はこちらから

まとめ

テレワークという働き方が広がり始めてからというもの、急激に需要が増したレンタルオフィス。急増する需要に合わせてオフィスの数も増え、サービスの質もますます向上しています。

レンタルオフィスと聞くと、テナントを借りるイメージで「高いのでは」と思うかもしれませんが、紹介してきた通りリーズナブルな金額で利用できるオフィスもあります。今現在、テレワークの環境にストレスを感じている人はぜひレンタルオフィスの個室利用を検討してみてください。

レンタルオフィスの無料相談はこちらからお問い合わせ