個室レンタルオフィスを一人利用するメリットは?おすすめ大手レンタルオフィスもご紹介

レンタルオフィスは提供する企業によってスタイルが異なります。必ずしも、1人で作業できる個室を用意してもらえるわけではありません。一方で、1人用個室を借りることができれば、仕事上のパフォーマンスも変わっていきます。なぜ、1人用個室がレンタルオフィスに求められるのでしょうか。1人用個室のメリットと提供している企業をそれぞれ紹介しましょう。

この記事の運営者

HubSpaces(ハブスペ)は、レンタルオフィス・シェアオフィス・コワーキングスペース検索ポータルサイトを運営しております。オフィス運営者にお話を聞いたり、料金、評判、口コミをお客様に聞いております。レンタルオフィスについてはお任せください!

レンタルオフィス検索サイトはこちら

1人用個室レンタルオフィスを利用するメリット4つ

レンタルオフィスを借りる場合は、各スタイルのメリットに目を向けていくと選びやすくなります。特に1人用個室を上手く使えば、仕事上で受けられる恩恵もまた大きいのです。1人用個室で得られるメリットを4つに分けて解説します。

1.集中して仕事ができる環境が手に入る

1人用個室レンタルオフィスのメリットは、集中して仕事ができる環境を手に入れられることです。仕事を効率良く進めていく上で、環境の改善は非常に重要です。チームで作業をしていても、1人で集中して仕事に取り掛かりたい方も多いでしょう。確かに場所さえ選ばなければ、コワーキングスペースでも作業することは可能です。しかし、周囲の人の声で集中力が削がれてしまっては、パフォーマンスも落ちてしまいます。

急ぎの仕事をしたい場合や難解な作業に取り組む際には、1人で集中できるスペースは必要不可欠です。その環境を提供するレンタルオフィスもたくさんあります。1人用個室のオフィスを探し、環境面を整えていきましょう。

2.法人登記が可能になる

1人用個室レンタルオフィスを借りれば、法人登記も可能になります。あらゆる業者の方がいるコワーキングスペースのようなオフィスでは、原則として登記は不可能です。登記は法人を設立する上で欠かすことができません。もし、オフィスを借りるだけでなく、法人登記の場として利用したいのであれば1人用個室のレンタルオフィスを選びましょう。

法人登記の手続きをする際には、各レンタルオフィスによって費用が設けられています。無料で登記できるオフィスもあるので、その辺りの情報も仕入れていくのが重要です。特に法人登記は取引する際の信用面の向上にも繋がります。法人登記をするにあたって必要となる費用は、レンタルオフィスを借りる上での投資の一部と考えていくのが望ましいでしょう。

3.セキュリティ向上が期待できる

仕事ではセキュリティの整備には気を付ける必要があります。個人で作業する方もチームで仕事に取り組む方も、例外なく個人情報の扱いには留意しなければなりません。もしも明確なオフィスが無く、誰でも自由に出入りできるような場所で仕事をしていたら、思わぬタイミングで情報が漏洩するかもしれません。確率は高いとは言えませんが、危険な状態には変わりないでしょう。

1人用個室を使って作業すれば、不特定多数の人に情報を見られる心配は無くなります。万全なセキュリティ対策で仕事に臨めるため、管理している側からすれば安心です。わざわざブース等といった道具を用意する必要もありません。セキュリティを懸念するのであれば、1人用個室は選択肢の1つに入れておきましょう。

4.受付サービスにより煩雑な業務を代行してもらえる

1人個室が利用できるレンタルオフィスは、受付サービスも充実しています。コンシェルジュと呼ばれる方が、働く方の業務をサポートしてくれるのです。例えば、受付サービスを利用すると郵便物の受け取りをしてもらえます。仕事が忙しくなると、郵便物の管理を1人で行うのは大変です。それをコンシェルジュに依頼すれば、自身の仕事に集中しやすくなります。

受付サービスをどのように提供しているかは、各レンタルオフィスよって異なります。あらかじめ、コンシェルジュの業務の範囲を聞いておくといいでしょう。中には、外国語を話してやり取りするコンシェルジュもいます。世界的な規模で仕事をしたい方は、外国語を使った受付サービスが提供されているかを確かめた方が得策です。

1人個室利用が可能な大手レンタルオフィスを4選ご紹介

1人個室利用が可能な大手レンタルオフィスも、企業によって特徴が大きく異なります。下記に各企業の特徴についてまとめていきます。各々の特徴を調べ、自らが展開する予定のビジネスに合った企業を選ぶようにしましょう。

1.日本リージャス株式会社

日本リージャス株式会社は、日本に170拠点と世界各国に3,000拠点を構える大規模な企業です。レンタルオフィスやコワーキングスペース、バーチャルオフィスとあらゆる形態のオフィスを貸し出ししています。2021年に入っても新たなオフィスが次々と誕生しているのが特徴的です。これまでも大手企業を中心に様々なビジネスパーソンと提携を結びました。

リージャス株式会社のグループである「リージャス・グループ」が初めて創設されたのは、ベルギーのブリュッセルです。そこから世界的に進出し、日本にも拠点が設立されました。2021年現在は、プロフェッショナルな人材が育つような環境づくりに取り組んでいます。それが「SPACES」と呼ばれるビジネススペースを提供していくプロジェクトで、2016年にスタートしました。日本リージャス株式会社は、個人に合わせて料金設定や契約形態を細かく決めることができます。予算額も各利用者で異なるため、1人用個室を使う方にとって頼もしいシステムです。

リージャスの詳細はこちらから

2.サーブコープジャパン株式会社

サーブコープジャパン株式会社は、1978年にオーストラリアのシドニーで事業をスタートしました。レンタルオフィスを中心に、バーチャルオフィスや会議室も提供する企業です。日本にサーブコープジャパン株式会社が設立されたのは1994年9月です。2021年現在は、東京・大阪・横浜・名古屋・福岡といった一部の政令指定都市を中心にレンタルオフィスを設置しています。

人口の多い政令指定都市にレンタルオフィスを置いているのも影響しているのか、オフィスのつくりが全体的にオシャレな印象を与えます。1人黙々と居心地の良い環境で仕事したい方は、サーブコープジャパン株式会社のオフィスを探してみるといいかもしれません。海外にも複数のレンタルオフィスを展開しているため、グローバルな仕事をしている方でも、ふさわしいオフィスを見つけやすいでしょう。

サーブコープの詳細はこちらから

3.WeWork(ウィーワーク)

WeWork(ウィーワーク)は、2010年2月に当名で事業が開始されました。しばらくはニューヨークを中心に業務を提供していましたが、ソフトバンクグループが経営に協力したことで2017年に日本でも支社が設立されます。2020年にCEOの交代によって経営のスタイルを大きく変えています。まさしく、近年にイノベーションがなされた企業です。

提供しているレンタルオフィスは、各人の仕事スタイルに応じて利用形態が変化するのを強みとしています。WeWorkが掲げているテーマは、「誰もが自分らしく働き、共に挑戦できる」です。利用者の声に寄り添って、柔軟な対応を志しています。1人で個室を借りる際には、レンタルオフィス側のサポートが欲しいと感じることもあるでしょう。単純にスペースの貸し出しをするだけではなく、仕事の最適化を共に目指すので非常に心強い存在となります。

WeWork(ウィーワーク)の詳細はこちらから

4.ビズサークル

ビズサークルは株式会社WOOCが提供しているレンタルオフィス事業を指します。日本全国にオフィスを構えており、駅前に多く設置されている点が特徴です。2021年現在も月に3つ程度の新規オフィスを展開し、衰えずに少しずつ拡大を続けています。コワーキングスペースとレンタルオフィスを併設している施設もあり、働き方改革に大きな影響を与えています。

ビズサークルの長所は、料金設定が明瞭な点です。基本料金に水道光熱費、インターネットの利用料などが含まれているため、追加で支払わなくてはならない代金がほぼありません。1人で個室を使う上で、費用の正確な計算は必要不可欠です。レンタルオフィスの利用に慣れていない方は、料金設定が単純なビズサークルを検討してみるといいでしょう。

ビズサークルの詳細はこちらから

まとめ

1人用個室レンタルオフィスを借りれば、仕事におけるパフォーマンスにも多大な影響を与えます。当該レンタルオフィスの恩恵を受けたい場合は、提供している企業の情報を調べて利用の手続きをしましょう。各企業によって特徴にも大きな違いが見られます。これらの情報を詳しく調べていき、スタイルに合ったオフィスを借りることが仕事の成功に繋がる最初の一步となるでしょう。

レンタルオフィスの無料相談はこちらからお問い合わせ