人材紹介事業はマーケティングも必須?マーケティングを活用するコツを解説

 

人材紹介事業の開業や拡大を検討している方の中には、マーケティングの重要性に目を向けている方も多いのではないでしょうか。人材紹介事業に限らず、マーケティングに注力している企業が増加しています。そして、この記事ではそんな人材紹介事業におけるマーケティングの必要性と、マーケティングをフル活用するコツを紹介していきます。マーケティングの必要性を理解しておくことで、スムーズ事業を展開していけるでしょう。

人材紹介事業におけるマーケティングの必要性とは?

https://pixabay.com/ja/vectors/%e3%82%bd-%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%88%86%e6%9e%90-1327870/

 

人材紹介事業におけるマーケティングの必要性は、年々増加しています。特にこれから人材事業に参入する場合は、事前にインバウンド型のマーケティング施策を設けておくことをおすすめします。

ちなみにインバウンド型マーケティングとは、インターネットを利用して、ユーザーを自動的に誘導する仕組みを指します。最近ではSNS広告が主流となり、TwitterやInstagramで発信をし、ランディングページに誘導する流れが一般化しています。

取り組み始めている企業も多く、事業の成功をうらなうカギとなる人材データベースの質を高められる施策です。言わずもがなですが、人材紹介業は人材データベースが多く、質が高いほどクライアントの満足度を高められます。これから紹介するマーケティングの活用法をチェックし、早い段階から戦える準備をしておきましょう。

人材紹介事業でマーケティングをフル活用するための3つのコツ

https://pixabay.com/ja/vectors/%e7%a4%be%e4%bc%9a%e7%9a%84%e3%81%aa%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2-%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0-5995266/

ここからは、人材紹介事業者が取り組むべきマーケティングのコツを紹介していきます。「ターゲティング」「SNS」「ランディングページ」の3つのキーワードに着目することで、質の高いマーケティングをおこなえるでしょう。

 ターゲティングを明確にする 

人材紹介事業でマーケティングをフル活用する1つ目のコツが、ターゲティングを明確にすることです。マーケティング施策を実施することで、データベースを豊富することができますが、とにかく人数を集めればよいというわけではありません。

そして、ターゲティングを明確にすることは、無駄な手間を減らすことにも直結しています。2つ目のコツとして、SNSアカウントをフル活用大切さを紹介しますが、今やそのツールは数え切れないほどの種類があります。そんな中でも、ターゲティングを明確にすれば、適切なツールを選ぶことが可能になるわけです。

 SNSツールをフル活用

SNSツールをフル活用することも、人材紹介事業でマーケティングをフル活用するコツの1つです。プライベートで利用している方がほとんどだと思いますが、次の3つのSNSツールをマーケティング拡大のために利用している企業が増えています。

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

SNSツールとひとまとめにすることもできますが、次に紹介するようにそれぞれに異なる特徴や活用方法があります。

 拡散されやすいTwitter

数あるSNSツールのなかで、Twitterには拡散性の高さに特徴があります。140字までの短文や短い動画しか投稿できないという制限があり、ユーザーとのコミュニケーションの取りやすさがマーケティングを拡大する際におすすめのポイントです。

また、ユーザーのほとんどが10~30代であり、トレンドに素早く反応する年代層です。他のSNSツールよりもリツイートによるシェアがおこなわれやすく、フォロワーのフォロワーまで、幅広く情報が拡散されていきます。

 さまざまな見せ方を表現できるInstagram

Instagramの特徴は、豊富な機能でさまざまな見せ方を表現できる点にあります。一般的な投稿だけでなく、ストーリーやIGTV、ライブやショップ機能が搭載されているため、同じコンテンツを違った表現で訴求できるわけです。

また、「90%ものユーザーがビジネスのアカウントもしている」という調査も公表されています。一般的にSNSのビジネスアカウントにはネガティブなイメージがつきものですが、Instagramにはそんな印象がありません。Instagramは視覚的に訴求でき、アパレルや美容関係者に使われることが多いSNSツールですが、ポジティブなイメージを訴求したい人材紹介事業にもおすすめです。

 ターゲティング精度の高さ魅力のFacebook

ターゲティング精度の高さに定評があるSNSツールがFacebookです。ほかのSNSツールと違い、Facebookは実名制であり、年齢や性別、居住地などの登録しなければ利用できません。そのためマーケティングの命ともいえるターゲティングの精度が高く、訴求したいユーザーに正確に訴求することが可能になります。アクティブユーザーの年齢層は30代中盤~50代が多とされている分、ターゲットとする年齢層にマッチしないケースも少なくありません。ただし、友達としてつながってしまえば

、プロモーション効果をグッと高めてくれるといった効果を期待できます。

 ランディングページを最適化する

マーケティングをフル活用する3つ目のコツが、ランディングページ最適化するというものです。ランディングページとは、ユーザーが企業情報を正しく理解するために、SNSなどの投稿から着地するページを指します。

そして、マーケティングを拡大していくためには、このランディングページに効率的に訪れてもらえる設計にするという考え方が重要です。一般的に効率的にランディングページを訪れる経緯は次の3つとされています。

  • 検索結果からのアクセス
  • リスティング広告
  • TwitterやInstagram、FacebookなどのSNS

また、ランディングページに誘導することで得られるメリットは次の3つです。

  • 訪問者の離脱を抑えられる
  • 他社との差別化を図れる
  • ユーザーが理解しやすい順番で情報を伝えられる

このように、さまざまな経緯でページを訪れるユーザーの交通整理をおこない、効率的に自社のアピールすることがランディングページの一番の特徴です。SNSを利用して、幅広いユーザーに訴求し、ランディングページを経由することで、質の高い利用者を集客する仕組み作りをおこなえます。

人材紹介業は口コミマーケティングも必須!

https://pixabay.com/ja/illustrations/%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88-%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88-%e5%b0%8f%e5%88%87%e6%89%8b-1919328/

ここまではSNSやランディングページなど、Webを利用したマーケティングの拡大方法を紹介してきました。ただし、IT化が進んだ昨今でも、リアルな口コミに根強い信頼が寄せられていることにも目を向けておきましょう。

冒頭でも触れたように人材紹介事業に限らず、マーケティングに注力している企業が増加しています。しかし、人間性にも着目し、自然に良い口コミが起こるような仕組みに着目できている企業はそう多くありません。これから人材紹介事業の開業や展開を模索している方は、人間性を評価してもらい、良い口コミが起こる仕組み作りに配慮することで、競合他社に負けない武器を手にできるでしょう。

まとめ

これから人材紹介事業の開業や展開を検討している方は、できるだけ早くマーケティングの

必要性を理解しておくことをおすすめします。マーケティングとは自動化された仕組みを意味し、人材紹介事業においては優秀な人材を確保するという目的をクリアにする施策といえます。そして、競合他社との差別化にも、マーケティングという考え方が非常に役立ちます。この記事で紹介した、SNSツールを最大限活用する、ランディングページを効率化するという対策を講じておくことで、企業価値を自動的に伝えられる仕組み作りをおこなえるでしょう。