人材紹介事業 ゼロから起業方法を徹底解説!書類準備から許認可の取得方法まで

人材紹介事業とは

人材紹介事業とは(有料職業紹介とは)

人材紹介事業とは厚生労働省から承認を受けて行うことができます。有料職業紹介と無料職業紹介の2種類に分けられます。

 

 

有料職業紹介と無料職業紹介の違い

この2つの大きな違いは取り扱える職種の範囲の幅があります。有料職業紹介は制限がありますが、無料職業紹介には制限がありません。その為、通常は取り扱えない港湾運送業・建設業務も無料職業紹介の場合では取り扱うことができます。

人材紹介と人材派遣の違い

人材紹介とは企業から依頼を受けた人材を探し出し、企業へ推薦し入社までを支援しコンサルティング料金を頂くという成功報酬型の1回支払い切りのビジネスモデルです。それに対して、人材派遣とは企業から依頼を受けた人材を自社の登録している求職者に対して案件を紹介し稼働してもらうことでその稼働した労働手数料が毎月発生するという月額課金型の支払いが生まれるビジネスモデルです。

人材紹介事業(エージェント)の起業までの流れ

資本金の準備

有料職業紹介では、資本金には500万円が必要です。補足記載(資本金のうち150万円は現預金として準備することが必要。オフィス資金大体50-100万円)

オフィスの準備

オフィスには満たすべき必須条件があり、まず求職者との面談を行う個室が必要です。自宅をオフィスにする場合は生活する部屋と仕事のスペースを完全に分ける必要があります。また、オフィス近隣に風俗営業を行う店がないか、事務所専用の回線があるか、金庫の設置が必要となります。

なお、シェアオフィスでも起業は可能です。
ただし、認可の通らないシェアオフィスもあります。
「ハブスペ」では完全無料で認可が通りやすいオフィスを紹介しておりますのでご相談くださいませ。

許認可申請免許取得

厚生労働省のHPから確認の上申請する必要があります。         
知っておくべき法律(職業安定法)

職業紹介してはいけない業務
人材紹介事業では紹介してはいけない職種が定められています。
・港湾運送業務
・建設業務                 

紹介手数料の規定

・人材紹介免許を取得するにあたり、紹介手数料の上限を決めて提出をする必要があります。そして、一度決めた手数料以上の料金を企業へ請求することはできません。 例えば、今の日本の平均手数料は30-35%ですが、ハイクラスや技術職などのヘッドハンティングを行う場合は50%などの事例もあるため、その場合は免許取得の際にそうしたことも見越して手数料を設定申請する必要性があります。                                             

許認可申請(免許取得)  

職業紹介責任者講習の受講
厚生労働省の定める、人材紹介事業をやる上で必須で受講する必要のあるものです。
対面で行う集合型講習と近年ではオンラインで行う「オンライン講習」のいずれかに参加する必要があります。そしてこの受講に参加し全ての講義を修了しなおかつ理解度確認試験に合格すると受講証明書が交付されます。この受講証明書が開業に必須の書類となります。               

免許申請書類の準備

開業には下記、全ての書類を揃える必要があります。

・有料・無料職業紹介事業許可申請書
・特別の法人無料職業紹介事業届出書
・職業紹介事業計画書
・届出制手数料届出書
・許可証再交付・変更・書換申請書
・ 取次機関に関する申告書

費用をおさえて許認可を取得するには
開業に必要な資金
・500万円(預貯金として現金150万円)

上記の最低限の費用に加え、オフィス賃料やジョブボード、キャンディデートサーチのデータベース料もかかるため、プラスでこうした資金を備えておくことが望ましいといえます。

シェアオフィスを利用するメリット
・オフィスはそこまで事業的にとしては広いスペースを必要としないため、
シェアオフィスを活用することで好立地かつ低価格できれいな物件を利用することができます。
これは企業との打ち合わせや、候補者の方がご来社頂き面談する際にもとてもメリットが大きいです。

認可基準を満たしているシェアオフィス紹介

天翔オフィス

都内に展開している個室や会議室付きレンタルオフィスです。
値段が都内最安値クラスであり、人材紹介事業(有料職業紹介)の認可を通過した実績もあります。

エキスパートオフィス

横浜と都内に展開しているオフィスです。
ラグジュアリな雰囲気で、求職者と面談したい場合にぴったりでしょう。

ハブスペというサイトでは人材紹介の認可がおりるオフィスも無料で紹介しています。
下記もからお問い合わせください。
また、厚生労働省が提示している資料も合わせてご覧いただくとよいでしょう。

人材紹介の認可がおりるオフィスを相談する

人材紹介の現在の市場とこれから

人材紹介事業は在庫なし、人件費なしの固定費も安く、また未経験からスタートできるため
毎月多くの新規参入業者が市場に参入してきています。その背景として日本は少子高齢化に伴う労働力不足、ITなどのテクノロジーの進化によるエンジニア不足などが関係しています。したがって今、日本の人材紹介市場はバブル市場であるといえます。世界でも類をみないほど今日の高額転職成功手数料が発生します日本は新規参入が増えている一方で、レッドオーシャンとなり同時に多くの人材紹介事業者が毎月閉業をしている事実もあります。

人材紹介ビジネスで成功するのはもはや普通にやっていてはかなり継続的な売り上げを出すことは難しいほど市場は成熟してきています。そんな中でも、成功するための方法として同業他社との差別化は必須と言えます。特定の業界・職種で高い専門性を持ち、その分野でのナレッジ・ノウハウをためることで選ばれる存在となります。

また、豊富な人脈や人材紹介との相性の良いビジネスを同時に行いリードを獲得していく、など様々な方法があります。これからは希少性のあるレベルの高い会社だけが淘汰されて生き残るようになるかもしれません。

人材紹介を成功させる上で役に立つ サイト

人材紹介を成功させるには適切な情報元から情報を集め、様々な外部サービスを活用することでより成功確率を上げていくことができます。株式会社ROXX クラウドエージェントのノウハウ資料をダウンロードしてみておくとよいでしょう。