コワーキングスペースのメリットとデメリットを徹底解説

Coworking pros&cons

コワーキングスペース メリット

 

そもそもコワーキングスペースとは?

Coworking pros&cons

コワーキングスペースはその名の通り
Co(一緒に)Working(働く)
スペースです。同じスペース内のデスクやコピー機等の設備を共有しながらそれぞれ自分のビジネスに取り組める場所です。

メリット・デメリット一覧(表)

項目 メリット デメリット
コスト 初期費用&ランニングコストが低い
敷金と礼金がなく、月謝もレンタルオフィスに比べ安いので初期費用とランニングコストが抑えられます。

設備に差がある
コストが抑えられる一方、価格帯が低いと設備の質や充実度が下がります。

設備 Wi-Fiやオフィス家具が用意されている
Wi-Fiやオフィス家具がそろっていることが多く、会議室やラウンジ等の共有スペースも使用できるものが多いため、急なお客様対応にも対応できます。

・基本的に共有
デスク占有プランでない限り、基本的にデスク等のオフィス家具を共有することにります。

会議、商談 少ない追加コストで対応できる
会議室を時間貸ししているところが多く、必要な時のみに借りることによってコストが抑えられます。

・満室の場合あり
会議室も共有である以上、予約が一杯で会議室が付かない場合があります。

コミュニティ内での新たな可能性

人脈が広がる可能性
フリーランサーや起業を志す人が集まりやすい場所なので、外注先や受注先を見つけたり、ともに起業できる人が見つかる可能性があります。

営業がかかる場合も
ビジネスを始めてる人が多い場だからこそ、営業されやすい。
集中できる環境

・周りの人が集中してビジネスに取り組んでいる
一人で集中できない、家では集中できない、ビジネス専用の場所が欲しいという人にピッタリな環境です。

場所によっては騒がしい
もちろん、プランやオフィスにもよりますが、静かな場所で一人、集中したい場合はよく精査する必要があります。

契約期間、プラン

柔軟で手が出しやすい
貸しオフィスは通常数か月、年単位
で契約し、退去も数か月前にしなければならないがコワーキングスペースなら、契約期間が数ヶ月~、去時の通知も1ヶ月前通知で良い場合が多い

 

結論:向いている人

スピード感をもって、コストを抑えながら早くビジネスを広げていきたい人。

です。
契約から入居までのスピードが最短即日の場所もありますし、ビジネス専用のスペースをとても低いハードルで借りることができるので、本気度が高い人や、すこしずつ成果が出てきた人、早く出したい人はビジネスに没頭するためだけの場所を借りることもさらなる拡大につながります。

向いていない人

逆に向いていない人は、最初から自分専用のしっかりとしたスペース、オフィスを構えたい、という人です。
「自分のオフィスを持ちたい!
「契約するならいいものを!」
と感じている人はかなり多いと思います。
もちろんビジネスを始めた人なら誰しもが、成長や拡大を目指すので当たり前です。
ただ自社専用のオフィスを借りるうえで一つだけ注意点があります。

それは、固定費用の増加

経営者であれば誰しもが抑えたい費用、固定費用です。
売上に関係なくかかる費用なので、特に初期段階での固定費用急増加することでせっかく伸びてきた、あるいは伸びそうなビジネスを苦しめる可能性があります。ビジネスに挫折しないためにもよく考えたうえでオフィスを借りるのが定石になってきます。

コワーキングスペースを探してみる

百聞は一見に如かず、ということで実際にコワーキングスペースがどういったものか、写真つきで比較できるサイト「ハブスペ」を紹介します。いろんなタイプのオフィスがあるので眺めながら、いろいろ想像してみるのも良いかもしれません。

コワーキングスペース検索サイト「ハブスペ」はこちら